略歴

津軽三味線 山口ひろし

津軽三味線奏者である父 山口孝次の影響を受け、幼少期より 唄・太鼓・三味線を習う
4歳で初舞台を踏み、10歳から津軽三味線奏者として本格的に舞台に立つ
津軽三味線を青森県黒石市にて千葉勝弘氏に、南部三味線を奥南部民謡 夏坂菊男氏に師事
その後、長唄三味線を東音 菊岡裕晃氏に師事
長唄演奏会をはじめ、歌舞伎公演、日本舞踊公演等に出演
東京藝術大学音楽学部を卒業、同大学院音楽研究科を修了

津軽三味線奏者として、国内のみならず外務省他からの依頼により アジア・オセアニア・北米・ヨーロッパ等で公演

企業・各種団体などでの演奏、テレビ・ラジオへの出演、またCD制作や多数のレコーディングにも参加

学生のための演奏授業やワークショップのほか、幅広い年代への教授、後進の育成にも力を注ぐ

邦楽の分野にとどまらず、様々なジャンルのアーティストとの共演も多く、豊かな音の響きやリズムをクリエイティブに表現している

ソロコンサートも各地で開催し、楽しい語り口と共に津軽三味線本来の音色を力強く、繊細に伝えている


(主な受賞・出演歴)
1991年 ニューヨーク リンカーンセンターでの「日本祭」に父 山口孝次と出演
1992年 「黒石よされ祭り」組踊り大会の伴奏にて最優秀賞受賞
1993年 日本大学総長より奨励賞を受賞、NHK邦楽オーディションに合格
2006年 成田空港第1ターミナルオープニングセレモニーに出演
2008年 中国河南省における「第10回アジア芸術祭」に出演
2014年 日本スペイン国交400周年記念 スペインツアー、在バンクーバー日本国総領事館創設125周年記念コンサートに出演
2016年 日本シンガポール外交関係樹立50周年記念 シンガポールツアーに出演


多様な文化や価値観の違いに柔軟に対応しながら自分らしい演奏をする一方で、津軽の情景と匂いが感じられる古典的な演奏を心掛けている。
また多くの師匠から受け継いだ技術や伝統と、現代社会における津軽三味線とを魅力的に結びつけ、伝えていきたいと日々探求し研鑽を積んでいる。

Hiroshi Yamaguchi (tsugaru shamisen)

Hiroshi began his musical studies at the age of four with his father Koji Yamaguchi.
He first studied Tsugaru Shamisen under the tutelage of Katsuhiro Chiba and began placing and winning national competitions at a young age.

In 2001 he completed his graduate degree from the Department of Traditional Japanese Music at Tokyo National University of Fine Arts and Music.

He has performed for high profile audiences such as playing Tate Shamisen for the Imperial prince, Mikasanomiya Takahito. Hiroshi has done extensive international tours including Austria, Canada, China, Croatia, Germany, Korea, Spain, Thailand, Vietnam, the United Kingdom, and the USA.

CONTACT US



↑PAGETOP